06-1

育毛は椿油で!頭皮に効果はあるのか徹底解説

育毛生活に励んでいる方であれば「椿油」の存在は何度か聞いたことがあるのではないかと思います。なんでもこの椿油にはすごい力があるかないとか…気になりますね。

いったいどのようなことをすれば、効果が得られるのでしょうか?

今回は椿油を利用した育毛方法について調べてみました。

06-1

椿油でこんなに効果が!椿油の効果がわかる5つのポイント

椿油の成分に注目!

椿油には「オレイン酸」という成分が多く含まれています。オレイン酸と言えば、オリーブ油やキャノーラ油・ナッツ類などに多く含まれていることで有名です。そして体に欠かすことができない不飽和脂肪酸を代表する脂肪酸の一つだということをご存知の方も多いでしょう。

オレイン酸は酸化しにくいという特徴を持っており、体内の活性酸素と結びつき過酸化脂質をつくりにくいため動脈硬化や高血圧、心疾患などの生活習慣病を予防・改善してくれるという私たちの身体にとてもうれしい働きをしてくれています。

また、皮脂の半分近くはこのオレイン酸の成分を含んでいますので椿油は頭皮のケアにピッタリなのです。

もう一つ、椿油には「サポニン」という成分も含まれており、殺菌効果で頭皮を清潔にしながら外からの刺激から守ってくれる役割があります。

椿油でマッサージ!これが鉄板ケア

椿油を使った頭皮ケアとして、マッサージが有効的です。

マッサージの方法としてはまず、シャンプー前の乾いた髪の毛に椿油を適量、手のひらに取り髪の毛になじませていきます。

そしてそのまま頭皮全体を優しく包み込むようにして揉みほぐしていきましょう。

マッサージが終わったら5分程度放置。この放置している時間で椿油が頭皮により馴染み毛穴に詰まった汚れを溶かしてくれます。

その後、ぬるま湯でよく洗い流してから通常通り洗髪を行い、ドライヤーで乾かせば完成です。

シャンプーだけでは落としきれない、毛穴の細かい汚れも綺麗になっているため頭皮がより健康状態に近づきます。

洗い流さないトリートメントとして使い髪の毛を元気に!

髪の毛自体に椿油を付けてあげることで、髪の毛に栄養を与えていきます。そうすることで抜け毛予防にも繋がるのでマッサージと併用して使うと良いでしょう。

洗い流さないトリートメントとしての使い方は、シャンプー・コンディショナー後の髪の毛をたるドライした後に椿油を適量髪の毛になじませます。

その後ドライヤーをかけるだけなのでとってもお手軽ケア。是非日課にしてみてください。

でも使いすぎはNG?

育毛生活励んでいる方の多くは薄毛や、抜け毛に困っている方がほとんど。

その原因は、乾燥して荒れた頭皮から過剰な皮脂が分泌され、毛穴に汚れとして詰まってしまう事です。

頭皮を守ってくれるために使う椿油であっても使いすぎてしまっては油として毛穴に詰まり汚れの原因になってしまう事もあります。適量使うことがポイントです。

では椿油の適量はどのぐらいがいいの?

椿油の過剰な使いすぎは逆に髪や頭皮にダメージを与えてしまう可能性もあります。

週に一度のペースで、少し少ないかな?と思う程度の少量を使うようにしていきましょう。少なければ足すことが出来ますが、付けてしまっては拭い取ることはできません。

06-2

まとめ

育毛は椿油で!頭皮に効果はあるのか徹底解説、いかがでしたか?

馴染みのある椿油の意外な成分には驚きましたが、だからこそ長年にわたって愛され続けているのでしょう。

正しい使い方でケアを続けていけば、椿油のパワーで頭皮も髪の毛も元気に艶やかな状態をキープできるので是非チャレンジしてみてください。