12-1

生姜に育毛効果が?頭皮にはどうやって使うのかまで説明します

ピリリッと味を引き締めてくれる生姜は調理で使っても、飲み物として使っても大人気の人品です。特に女性の間では「冷え性の改善」効果が見られるとして、積極的に摂取している方も多いと思います。

体を温める効果を持つということで認識されている生姜ですが、実は育毛にも効果があるそうです。

それが一体どういう事なのか、どのように使用すればより効果的なのか、今回は調べてみました。

12-1

こんなにすごい!生姜の3つのパワー

 生姜にはいったいどんな効果があるの?

どこに行っても手に入れることが出来る生姜ですが、薬効が高く薬膳にもとても人気があり、特に生で食べることによって、外ら入ってくるウィルスから身体を守ってくれる免疫機能も高まります。

もちろん、肉料理の臭み消しや漢方薬としても知られ、様々な分野で愛され続けているといってよいでしょう。

そんな生姜は部位や加工方法によって薬効が異なってくることをご存知ですか?

よく聞く「生姜は身体を温める」はもちろん嘘ではありません。生姜の中に含まれている「ショウガオール」という成分は血行促進効果があり体を温める効果があります。

しかし、このショウガオールは生姜を100℃以下で加熱したり、蒸したりすることで出る辛味成分の一つですので生のまま食べてしまうと血行促進の効果を得ることが出来ません。

むしろ、生のままで食べてしまうと「ジンゲロール」という吐き気を止める成分の方が強くなります。この成分は末梢血管を拡張する作用・発汗作用がありますが体熱が奪われてしまい身体を冷やしてしまう可能性がある意外な一面があるのです。

つまり、生姜は身体を温める効果・逆に体を冷やしてしまう効果2つの効果があるということをしっかり覚えておきましょう。

 生姜がもたらす育毛への効果はどんなこと?

お気づきの方もいるかもしれませんが、生姜が育毛にもたらす効果としてはやはり「体を温める」という血行促進効果が強く関係しています。

血行が促進され、髪に栄養が行きわたり健康な頭皮・髪になっていくというメカニズムは育毛生活に励んでいる方であれば知っている方も多いでしょう。

また、生姜には「IGF-1」という育毛成分を増やす効果があると今期待されています。IGF-1は唐辛子に含まれているカプサイシンや大豆イソフラボンなどで増えると注目を浴びていましたが、実は生姜にも同様の効果があることがわかりました。

この2つの効果・成分があるからこそ、生姜は育毛にかなりの効果が出ると期待されているのです。

 じゃぁ、どんなふうに生姜を使えばいいの?

育毛に良いなら、と生姜の摂取を試みる方も多いと思いますが上記にも記したように使用方法を誤ると逆に体を冷やしてしまう事も。大切なのは使い方です。

もちろん、加熱して口から摂取することも一つの方法ですが今回は生姜を使ったオリジナルの育毛剤の作り方を紹介していきます。

証が育毛に興味があれば、是非試してみてください。

まず生の生姜200g・消毒用アルコール・ガラスポッド・ガーゼを用意します。

作り方は、はじめに生姜をスライスし3日~1週間ほど天日干しで乾燥させて下さい。

そして乾燥させた生姜を200㏄程の水に対し25g程度入れ弱火で煎じていきます。

そして水が100㏄程になったら火を止め、冷ましてからガーゼで搾り取り、常温にまで冷めたら生姜湯と同量のアルコールを混ぜて出来上がりです。

使用方法は洗髪後、この特性生姜育毛剤を頭皮にかけます。そして10分間程度マッサージを知ると効果的です。

保存は冷蔵庫の中で、約1ヶ月を目安にして使い切るようにすると良いでしょう。

また、効果には個人差がありますので使用後違和感などを感じましたら使用を中止するなど適切な対応をしてください。

12-2

まとめ

生姜に育毛効果が?頭皮にはどうやって使うのかまで説明しますはいかがでしたか?

生姜の驚くべきパワーは体内からも外からも効果的です。是非育毛生活の一部に取り入れて、実感してみてください。